さいたま市 与野駅・大宮・アロマ・リンパマッサージ・フェイシャルエステ・マタニティ

アロマリラの名前の由来

IMG_8553-1-filtered『リラ』はモクセイ科の落葉低木でヨーロッパから伝わりました。

5〜6月に淡い紫色の小さな花をつけます。花には強い芳香があり、香水の原料にもなります。

仏名をリラ、英名はライラック。

『リラ』は、私の十数年来のニックネームでもあり、また、リラの淡い花色も好きです。

2人の息子のイニシャルを合わせると『リラ』になりました。

なので、庭には『リラの樹』も植えてあります。

この家に引っ越して来たときに、友人が苗をプレゼントしてくれました。

今では大きく成長して、サロンのシンボルツリーになっています。

アロマとリラを合わせて、『アロマリラ』です。

PAGETOP