Aroma’Lila.へ、ご訪問ありがとうございます^ ^

今日は、プライベートサロAroma’Lila.へお客様に来ていただく方法について、考えてみます。

知人のSさんと話していたことです。
Sさんは肩こり頭痛が辛くて困っている方です。

「それならば、私のサロンにいらっしゃいませんか?楽になりますよ」
と、Aroma’Lila.をご紹介したのが三年位前のこと。

ご来店はいただいてないのですがf^_^;
昨日お会いしてお話を伺うと、
身体が辛くなると、大手チェーン店に行って揉みほぐしてもらっているということでした。

Aroma’Lila.に来ていただかなくても、Sさんのお身体の調子が良ければそれで良いのですが、
Sさんは
「Aroma’Lila.に行きたい行きたい」
と、またおっしゃるのです。

( ? _ ? )
私は
「行きたいけれど来れない理由はなんですか?」
と尋ねてみました。

言葉多く語ってくれましたが、結論は
敷居が高い!
ということで話がまとまりました(~_~;)

Sさんとは知り合いなのですが、
「恥ずかしい」
ともおっしゃいます。
恥ずかしいとは、一対一で向き合うのが恥ずかしいということと、
更に加えて、身体を見せるのが恥ずかしいという二つの意味がありました。

恥ずかしいという気持ちは、私はすでにこの仕事をしているのでないのですが、忘れていた感覚を気付かせてくれました。
恥ずかしい方もたくさんいるのですね。

ついこの間も、ご来店いただいたお客様で、Aroma’Lila.のパンフレットを見てからご予約いただくまで足掛け二年!かかった方。
この方も「恥ずかしくって予約できなかったんです」
とおっしゃってました。

Sさんはまた、わざわざお休みの日にサロンに行く時間をつくるのがもったいなくて、なるべくなら仕事帰りに立ち寄れるお店を利用したいとも。

そうですね。
疲れているからこそ、駅の中や通り道にあるお店に入りたい気持ち。
一歩でも多く歩きたくないですよね。

Sさんは、技術的にもそれで満足されているので、そのような大手チェーン店の利用の仕方で良いと思います。
そういう方はたくさんいらっしゃいます。

まとめると、
恥ずかしい+遠い=敷居が高い→来店しない
ということです。

大手チェーン店と個人サロン(プライベートサロン)、どちらが好きか?ということでもあります。
また、どちらも使い分けている方も多いと思います。

私は大手チェーン店にも勤めているし、個人サロン(プライベートサロン)もやっていますので、改めて客層=ターゲットについて考えさせられました。

私個人的には、好きなセラピストさんを選んで個人サロンを利用しています。
大手チェーン店は、喧騒が苦手なのと、スタッフの技術、相性の良し悪しがあるので敬遠してしまいます。

ということで、
プライベートサロAroma’Lila.へお客様が来ていただく方法については、

プライベートサロンであるAroma’Lila.は、
*わざわざ休日を削ってでも行きたいと思うような
*素敵で上手なセラピストさんと出会えて
*静かでゆっくりできる
サロンであればいいのでしょうか?

日々精進しないとですねf^_^;