こんにちわ^ ^
女性のための自然療法サロン Aroma’Lila.の高樹です。

少し前に、卵にもなっていなかったお客様が鍼灸師となって(ニワトリになって)再来店されたことを書きました。

そのY様に鍼(はり)とお灸をしていただきました(*^o^*)

ちょうど、腰が痛かったのでグッドタイミング。
でも、生まれて初めての体験なので、お灸はともかく、鍼は緊張します。
痛くないとは聞いていても、長ーい鍼を刺すのですからね。

Y様は、色々な種類の鍼を(*^o^*)ってきてくださいました。
ずらーりと鍼が並んでいるのは、写メを取り忘れて残念です。
ステンレスのケースや、消毒用のアルコールが医療であると感じさせます。

うつ伏せになり、まずは触診します。
腰だけでなく、背中も肩もパンパンだと言われ、普段お客様にはアドバイスしているのに自分のことはほったらかしであったことを深く反省。

そしてお灸。
じわじわと熱くなり、我慢出来なくなる前に「熱いです」伝えるのですが、我慢し過ぎると、取ってもらう前に意外とアチチ>_<となるので、早めに言うことが肝心。 急激に熱くなりました。 次に鍼を打ちました。 「痛かったら言ってください」と言われて、早速一本目。 刺した瞬間は、わずかにチクンとしなくもないですが、大丈夫。 直後、鍼を刺していく時に、ズンズンというような重い感覚があります。 なんと腰のあたりは1.5cmも入るそう(◎_◎;) 一箇所、すごく痛い箇所があったのは、三陰交というツボ。 生殖器が弱い私は、やっぱりと納得したのでした(~_~;) 背中、首、頭頂部にも打ちました。 頭はほんわか軽くなりましたよ。 鍼にモグサを載せて、鍼とお灸を同時にしたのが、下の写真です。 腰周辺が広範囲に温かく感じます。 こうやって見ると黒いモグサが可愛いです。 20141204-235123.jpg

鍼の後は、マッサージもしてもらって、すごーく気持ちよかったあ(*☻-☻*)

私のカラダ、患者さんだったら、週に3回は通ってくださいというレベルだとか。
トホホ……

顔にも刺してくれるということなので、やっていただきたいです。