ウッドバーニングという、木に焼ゴテのようなペンで描くワークショップにしました。

ちょうど、引越した自宅サロンの看板ができていなかったので、看板をつくるのが目的でした。

選んだケヤキの木の板はどっしりと重さがあり、木の目の凹凸が文字と絵柄に均質でない表情を出してくれました。

植物の柄は、刺繍をしたようなタッチで描きたかったので、ペン先の工夫もいりますが、木目のせいでいい雰囲気に出来上がりました。

防水の塗料を塗ったら、いよいよ通行人の方々にお目見えします。image