春日部市の訪問介護事業所で、アロマテラピーの講座を行いました。

参加されたのは、介護ヘルパーさんなど、介護のお仕事に従事されている方たちです。

 

こちらの事業所では毎月勉強会を行なっているそうですが、介護する側の健康維持のために、セルフケア講座をやってほしいということで、アロマテラピーをご紹介することになりました💕

セルフケアに、アロマテラピーはピッタリです!

私はAEAJ認定ののインストラクターなので、協会が発行している冊子「アロマテラピーはじめの一歩」を使うことに。

この冊子は、アロマテラピーとは?精油とは?どうして身体にいいの?そのメカニズムは?使い方は?精油の選び方は?注意することは?・・・

などが、簡潔に、はじめての人にもわかりやすくまとまっています。

 

受付の際に、お一人ずつミント精油を垂らしたムエットを渡して、嗅いでもらいながら講座を始めました。こうすることで香りに集中して耳を傾けてくださいます。

 

冊子の解説をしながら、私の強調したいことは、アロマテラピーのメカニズム。

鼻から嗅いだ香りが、どのように脳に届いて、そして身体が変わるのか?

また、トリートメント(マッサージ)するとどのような効果があるか?

 

アロマテラピーの利用の仕方では、香りを嗅ぐ芳香浴以外にも、手作りできるアロマスプレーやジェルクリームなども試してもらいました。

 

そして、アロマテラピーを理解した後半は、セルフケアとしての「アロマハンドトリートメント」の実習。ラベンダー&スィートオレンジのブレンドオイルで、自身の手をマッサージ。

いい香りに包まれて、自分の身体を大切に愛おしむように手を動かすと、癒されるだけでなく、血流が上がり、皮膚も潤い美しく、腕も肩も軽くなります。

 

最後に質問タイムを設けましたが、沢山の質問がありました。

精油は持っているけれど、興味はあるけれど使い方が今ひとつよくわからない・・・という方が多いと改めて感じました。

 

後日、感想もいただきました。

関心をもって耳を傾け、楽しんでいただき、お役に立てたようで感無量です💕

皆さん、ありがとうございました😊