Blog

Blog
ブログ

2020.08.28ブログ

アロマスプレー(ローション)を作りたいけれど、無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違いって何?

生徒さんのK様より次のような質問をいただきました。

 

 

「アロマスプレー作りに使用するエタノールについて。

コロナ渦で、無水エタノールはやや割高なので、消毒用エタノール(95.1〜96.9l%)を買ったのですが、アロマスプレーに使用しても問題ないでしょうか?

また、ローションなどスキンケア用に使用しても大丈夫でしょうか?」



 

答えは、精油がエタノールに溶けていれば問題ないでしょう。

 

精油を溶かすために使うのが無水エタノール(アルコール)ですが、まだまだ手に入りづらいですね。

代わりのものとして、アルコール度数の低いウォッカやエタノールでこの場をしのんでいる方も多いはず。



 

アルコールにも種類があるので整理しておきましょう。

無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの違いは?

 



 

それぞれ含有するエタノールの濃度が異なります。

★無水エタノールは、常温の15度でエタノールを99.5%以上含むもの。

★エタノールは、95.1~96.9l% 含むもの。

★消毒用エタノールは、76.9~81.4%含むもの。 エタノール濃度が80%前後のものが最も消毒効果が優れています。

 

 

では、精油は無水エタノールでなくても溶けるのでしょうか?

水道水も加えて4種類で実験して見ました。精油は色がわかりやすいようにカモミールジャーマンを使用します。

 

①47%濃度のウォッカ

精油が粒子となって塊り、かき混ぜれば溶けるものの、またすぐ塊になります。



 

②80%濃度の消毒用エタノール

①よりは溶けて粒子も小さく、エタノールに色も溶け出しますが、完全には溶けきれません。



 

③99.5%の無水エタノール

完全に溶けて粒子は見えず、エタノールが濃い緑色に。



 

④水道水

意外や意外!②よりも細か〜い粒子は残りますが、色も溶け出し②よりはずっと溶けています。



 

オレンジスウィートでも同じ実験をしました。

写真では見えずらいので省きますが、同じ結果でした。精油による違いは少ないと思います。

 

結果です。

K様が購入されたエタノールは、アルコール度数が95〜96%と高いので溶けると思われます。

やはり、無水エタノールは完全に溶けますが、代替品としてのウォッカなどは度数によるということでしょう。

ウォッカは、37〜96% 位いと商品によって幅がありますので、度数を確認しましょう。



 

確実なのは、アロマスプレー(ローション)を作る際には、精油がアルコールに溶けているかを確認すること!

そして、使用する際は、しっかり振りましょう!

 

ご参考になさってくださいね。



 

 

 

 

 

 

目次

生徒さんより次のような質問をいただきました。





「アロマスプレー作りに使用するエタノールについて。

無水エタノールはやや割高なので、消毒用を買ったのですが、アロマスプレーに使用しても問題ないでしょうか?

また、ローションなどスキンケア用に使用しても大丈夫でしょうか?」

SHARE
シェアする
[addtoany]

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

090-3543-4557