Blog

Blog
ブログ

2020.09.28ブログ

触れるということについて。Aroma’Lila.のこだわり

「触れるということ」について、私はこだわりをもっています。

生徒さんによっては、ウルサイナアと感じている方もいるかもしれません(汗)。

そのお話です。

 



 

私の仕事は、人の肌に触れることで癒す「アロマセラピスト」という仕事です。

なので、ココロに響くような触れ方を心がけています。

 



 

アロママッサージは、精油を溶かした植物油を素肌にのせて行うオイルマッサージ。

マッサージですが、触れ方でカラダとココロは変わります。

 



 

皮膚の細胞と脳神経の細胞は同じ場所から発生します。

なので、肌を撫でられて気持ちが安らぐのは、脳が休まるから。

「いい子いい子」と頭を撫でられて嬉しかった記憶を思い出してみてください。

言葉だけで「いい子いい子」と言われるのとは違う気持ちになると思います。



 

触れることで、痛みが軽くなるのも

脊椎にある痛みのコントロールゲートを閉じるから。

「痛い痛いの飛んでいけ〜」は、おまじないではなくこのゲートが閉じるから。

加えて安心感もあると思います。

 



 

他にも、肩を抱かれて慰められたり、不安な時に背中や腕をさすってもらったり、

怯えた時には誰かに触ったりして安心した経験はありませんか?

 



 

皮膚には、センサーががあり、触れ方によっては「オキシトシン」という幸せホルモンんが出ることもわかっています。

オキシトシンを出すコツは、

秒速5センチのスピード、優しい圧と密着です。

生徒さんに、

「もっとゆっくりと!」「密着して!」

と、しつこくいうのはこのためなんですヨ。

 

このオキシトシン、触れられる人だけでなく、

触れる側の人にも出ますので、

双方に癒されているのです。

 



 

「手」=「掌」(たなごころ)という字は、「手の心」という中国語からきているそうです。

「心」とは中心のことで、手の中心に「心」がある。

手からどんな心を伝えるか?

だだ触れるのではない、心に響くような触れ方をしたいと思っています。

 



 

触れることで誰かに寄り添いたい、応援したい、癒したい、と思っている方へ。

お伝えしたいことがまだまだたくさんあります!!

ぜひ教室へいらしてください。

 

SHARE
シェアする
[addtoany]

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

090-3543-4557